エンタメ 映画

崖の上のポニョのリサ最後のセリフ考察!ネタバレ結末や死後の世界ではないか調査

投稿日:

崖の上のポニョを見て最後のラストシーンでなにかもやもやが残った方も多いかもしれません。

そう、あのリサがポニョのお母さんに話した言葉です。

実際に映画をみてるとなんていっているのかわかりませんよね?

口コミでは、

「なんていっているのかわからん・・」

「津波のあとからよく世界観がわからないんだけど」

「なんか怖いこの映画」

など恐怖や疑問におもっているが多いです。そんな方に

  • 崖の上のポニョのリサの最後のセリフ(会話)を考察
  • 崖の上のポニョは死後の世界ではないかネタバレ結末や裏設定

についてまとめましたので、最後のセリフや死後の世界のことが気になったかたは是非見てみてくださいね!

崖の上のポニョのリサの最後のセリフを考察

映画の最後にポニョのお母さんがリサに、「ありがとう」と言います。

そうすけのお母さん、リサはポニョのお母さんに何と言ってるのか聞き取れましたか?

答えは、

「あなたも、グランマンマーレ」 です。

アニメ映画では、素人のタレントが吹き替えをしているために、プロを声優のように抑揚が足りず

セリフがよく聞き取れないことが多いです。

その他にも、車中で「ポニョはハムが好きなんだよ」というそうすけの発言について、

リサの返事というセリフがありますが、こちらは、

「あたしと同じね」

といっていました!

崖の上のポニョは死後の世界ではないかネタバレ結末や裏設定

そうすけのお母さんリサとポニョのママが話し合っているときに

後ろのお婆さんたちが
「リサさんもつらいだろうねぇ」といいました。


どうしてリサが辛いのか。そこには裏設定がわかるとよくわかります。

リサが辛いのは、宗介がこれからの人生で大きな責任を背負わないといけないからです。

ポニョが力を解放したとき、大津波が待ちを襲います。

この津波で町の全員が亡くなったのです。生き残ったのはそうすけだけでした。

宮崎駿監督は、以下のように語っています。

ポニョの本名は「ブリュンヒルデ」

この名前は、北欧の神話で「死者の魂を導くもの」です。

そうです、後半の世界観は、町の住民の魂をきちんと天国にいけるよう、ポニョが導いている姿が表現されていました。

途中に船に乗ってた古い時代の家族がいましたよね。

あの子供は魂が成仏できずさまよっていました。そこにポニョがとおりかかり、成仏へ導いたのです。

最後、リサに対して、おばあちゃんが「リサさんもつらいだろうねぇ」といったあの言葉。

  • リサは死んでいる。
  • そうすけは生きる道を選ぶ。

子供を見守ることしかできないつらさを言い表しています。

まとめに

リサが言った言葉は、「あなたも、グランマンマーレ」 でした。

そして、ポニョの裏設定として、ポニョは、「死者の魂を導くもの」でした。

リサはそうすけに対して、見守ることしかできないつらさが作品のなかで表現されていました。

崖の上のポニョは見るたびに、新しい発見がありますね!また見たくなってきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓↓崖の上のポニョの関連記事はこちら↓↓

崖の上のポニョ(アニメ)を今すぐ無料フル視聴する方法は?配信サービスや見逃動画

崖の上のポニョが人間になるとなぜ世界は救われるのか?ネタバレ結末や裏設定を調査

崖の上のポニョのポニョは何歳?年齢からわかる半魚人設定や裏話を調査

-エンタメ, 映画

Copyright© NewSPIN , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.