映画

千と千尋の神隠しのひよこの名前は?神様になった理由や登場シーンも調査!

更新日:

千と千尋の神隠しの油屋には様々な神様が登場しますよね。みんな個性的にでかわいい!?

そのなかでもあの黄色いひよこの神様は何者なのか?名前はなにかなどまとめました。

そんな千と千尋の神隠しの映画をみて、ひよこの神様を気になっている方に

  • 千と千尋の神隠しのひよこの名前
  • 千と千尋の神隠しのひよこが神様になった理由と名前の由来
  • 千と千尋の神隠しのひよこの神様の登場シーン

についてまとめましたので、ひよこのファンになったかたは是非見てみてくださいね!

千と千尋の神隠しのひよこの名前

ひよこの神様のなまえは、「オオトリ様」でした。

油やを利用する八百万の神様の1種類として、作品のなかでたくさん登場し、インパクトをあたえてくれるオオトリ様。

本当にかわいい!

名前の由来は、見た目のひよこが神様になった理由にあります。

千と千尋の神隠しのひよこが神様になった理由と名前の由来

オオトリ様がなぜこの油屋にくるようになったのでしょうか?どのような理由で神様になったのか気になりますよね。

そこにはすごく悲しい理由がありました。

オオトリ様とは、卵から成長して、親トリに成長出来なかったヒヨコで、何らかの理由がありヒヨコで死んでしまったり、卵の殻の中で死んでしまったヒナが神様になったものです。

何らかの理由とは、千尋が住む世界で人間たちが食べるタマゴがその大きな原因の一つです!

千と千尋の神隠しのひよこの神様の登場シーン

オオトリ様はたくさんの登場シーンがあります。メインのシーンは3箇所です。

【最初のシーン】

油屋の温泉は、広大な場所があります。細々と仕切りに分けられた多くの温泉があります。

応戦の従業員は、男衆は元々カエル、女衆は元々がナメクジです。きもちわるいかわいいですよね。

そんな油屋に船が岸に到着して、そこに行こうとする神様が続々と列を成して降りてくる場面、

二階建てになっている船の中で降りる順番待ちして、ぞろぞろと並んでいるオオトリ様がまず映ります。

【2番目のシーン】

油屋に続く赤い橋で、人間とバレないように息を止めた千尋とハクが歩いているシーン。

後ろからゆっくり歩いてくるオオトリ様が映ります。

1匹がまず映り、その少し離れた後ろにも数匹歩いてでてきます。

ここでオオトリ様がどのくらいのおおきさわかって、びっくりしました!

【3番目のシーン】

油屋に到着し、娯楽を楽しむオオトリ様がたくさんいます。

「宴会場で5匹のオオトリ様が楽しそうにしているシーン」

「温泉に5匹ほどが浸かり気持ちよさそうに口を開けているシーン」

「周りにも7匹ほどおり温泉のその一角は完全にオオトリ様一行が占領しているシーン」

「温泉あがりに浴衣を着て歩いているシーン」

前世の苦しみをわすれ、楽しんでいる様子が伝わってきてほのぼのしますよね。

まとめに

油屋によく来るヒヨコの神様の名前は、「オオトリ様」でした。

名前の由来や、油屋に来る理由は、タマゴのまま死んでしまい神様になったものたちでした。

千尋の近くでよく登場し、本当にかわいいですよね。そのシーンひとつひとつがキャラクターの人気に影響をあたえる、独自の世界観をつくっていますね!本当にかわいい!

また、千と千尋の神隠しを見て、他の秘密も調べてみたくなってきました。

最後までご覧いただき、有難う御座いました。

↓↓↓千と千尋の関連記事↓↓↓

千と千尋の神隠し(映画)の無料レンタルは?動画配信を無料でフル視聴する方法!

千と千尋の神隠しの千尋はハンセン病?裏設定と宮崎駿からのメッセージ

千と千尋の神隠しのトンネルが行きと帰りが違う理由は?最後の振り返る意味も調査!

千と千尋の神隠しの房(ぼう)は何歳?父親や赤ちゃんの病気も調査!

-映画

Copyright© NewSPIN , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.