スポーツ

レアルマドリードのメンディのライバルは?プレースタイルや移籍金も調査!

更新日:

6月12日、レアルマドリーはついに、あのリヨンのDF、フォルランド・メンディ選手を獲得しましたね。

リヨンでの異名は「左サイドのエムバペ」。

驚異的な加速力と突破力を兼ね備え、今シーズンの公式戦では2ゴール(30試合)を上げています。

レアルマドリーでのライバルは同じ左サイドバックの「マルセロ」になります!

また、私もよくスペインサッカーを見ていて、レアルマドリーでのサイドバックのポジション争いでメンディ選手のプレースタイルや移籍金も気になりました。

そこで今回は、

  • メンディ選手のレアルマドリーでのライバル
  • メンディ選手のプレースタイルと移籍金

について書いていきます。



メンディ選手のレアルマドリーでのライバル

それでは、メンディ選手のプロフィールとレアルマドリーでのライバルについて紹介します。

●名前:フェルラン・メンディ

●生年月日:1995年6月8日

●年齢:24歳

●国籍:フランス

●身長:178cm

●利き足:左足

●ポジション:DF(左)

●経歴:

ル・アーヴルACに所属しており、2016-17シーズンのリーグ・ドゥで35試合に出場

2017年6月、オリンピック・リヨンと5年契約を結んで移籍

2019年6月12日にリヨン側からレアル・マドリードへ移籍する事が正式に発表

レアルマドリーへの移籍にあたってメンディは、

「世界最大のクラブとサインできたことを誇りに思う。僕が成長するために、偉大な監督に教えてもらうことができるのはとても光栄だ」

「リヨンや会長、スタッフ、ファン、そしてチームメイトに感謝している。これからの成功を願っているよ」

と語っています。

メンディ選手のライバル

レアルマドリーでのライバルは、同じポジションにあたる「マルセロ」選手です。

マルセロ選手はブラジル代表であり、2007年にレアルマドリーに移籍してきています。

当時の移籍金は600万ユーロ(日本円で約7億円)になります。

2009年には、リーグ4位となる9アシストを記録し、2015年には副キャプテンに就任。

2016-2017シーズンで公式戦400試合出場を果たしています。

メンディ選手のプレースタイルと移籍金

メンディ選手のプレーの特徴と移籍金についても見ていきます。

メンディ選手のプレースタイル

彼の特徴は、攻撃参加時の破壊力が特徴です。左足から放たれるクロスボールは精度が高く、スピードのあるドリブル、そして強力なシュートが魅力です。

DFとして後方からの組み立ても、元フランス代表の「マケレレ」を彷彿させるかのようなアーリーパスを出すことができる選手です。

フランス代表でも活躍しており、笑顔が絶えないとのことです。

https://twitter.com/ferland_mendy/status/1130854415563350017

メンディ選手の移籍金

移籍金は4800万ユーロ(日本円で約60億円)にものぼります。当時のマルセロの移籍金からしたら、10倍近い金額での移籍となります。

おわりに

今回は、メンディ選手のレアルマドリーでのライバルやプレースタイル、移籍金についてまとめてみました。

レアルマドリーでのライバルは「マルセロ選手」で、同じ左サイドバックであり、攻撃的な特徴が似ていることがわかりました。

メンディ選手のプレースタイルは、サイドからの素早い攻撃参加、正確なクロスやシュート力があることがわかりました。また、後方からのパスも得意としていました。

移籍金は約60億円で、2007年当時のマルセロ選手の10倍ちかくの移籍金での移籍となります。

これからのメンディ選手のレアルマドリーでの活躍が楽しみですね!

ご覧いただきありがとうございました。今後もみなさんの気になっている情報を素早くお伝えしていきます!

-スポーツ

Copyright© NewSPIN , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.