イベント

今村夏子さん芥川賞受賞式のホテルはどこ?作品一覧のランキング5選も!

更新日:

恒例の芥川賞が発表されました!

東京築地の料亭「新喜楽」で選考会が行われ、今村夏子さんが書いた「むらさきのスカートの女」が受賞となりました。

こちらが「新喜楽」

2018年は三人とも男性の受賞者であったので、久しぶりの女性作者です。

今村夏子さんは、1980年生まれ。

2010年「こちらあみ子」で第26回太宰治賞を受賞し、その勢いのまま、翌11年に『こちらあみ子』でデビューしています。

また、彼女の作品について、

「新作も早く読みたい」

「芥川賞おめでとう!活躍の場も広まりますね次作も期待しています!」

との声もあり、彼女の独特の世界観がこれまでのファンさる事ながら、これからのファンも爆発的に増やしていきそうですね。

今回は、そんな気になる今村夏子さんの

  • 今村夏子さん芥川賞受賞式のホテルは東京のどこ?
  • 今村夏子さん芥川賞の今後の印税は何倍くらい?
  • 今村夏子さんの全作品一覧のランキング5選

について、まとめましたので気になる方は参考にしてみてください。

今村夏子さん芥川賞受賞式のホテルは東京のどこ?

今回受賞した芥川賞の授賞式はどこのホテルで行われるのでしょうか?

芥川賞は、文藝春秋社が作り上げた賞なのでその文藝春秋が毎年決めています。

ほぼ決まっていて、

場所は「東京会館」が多いです。

マップで確認してみましょう。皇居と東京駅の間くらいの場所ですね!

丸の内オフィス街の近くです。東京の中心中の中心ですね。

引用:googleマップ

格式の高さがわかります。

次は、今村夏子さんの芥川賞受賞後の印税についてです。

今村夏子さん芥川賞の今後の印税は何倍くらい

芥川賞を受賞したことで、今村夏子さんの印税、要は年収はどのくらいになるのでしょうか?

一般的には、現在の年収の10倍になる。

と言われています。

現在の発行部数でいうと300-600百万と推定されますので、その10倍の

平均で約4500万の年収になっていきます。

それだけ価値のある賞ですが、まずは、次の作品に大注目ですね!

さらに評価を高めることができ、ファンが爆発的に増えると可能性はあります。

今村夏子さんの全作品一覧のランキング5選

今村夏子さんの全作品を紹介します。

どのような作品がファンにうけているのでしょうか?みていってみましょう!

データは、発行部数は公開されていないことから、Amazon売れ筋ランキングをもとに、ランキング化しました。

【1位】

むらさきのスカートの女

売れ筋ランキング: 本 - 23位

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない〈わたし〉は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で働きだすように誘導し……。唯一無二の視点で描かれる世界観。

【2位】

『こちらあみ子』(2011年1月・筑摩書房、2014年6月・ちくま文庫)

売れ筋ランキング: 本 - 154位

あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自の世界を示した

【3位】

父と私の桜尾通り商店街

ランキング: 本 - 1,279位

違和感を抱えて生きるすべての人へ。不器用な「私たち」の物語。桜尾通り商店街の外れでパン屋を営む父と、娘の「私」。うまく立ち回ることがきず、商店街の人々からつまはじきにされていた二人だが、「私」がコッペパンをサンドイッチにして並べはじめたことで予想外の評判を呼んでしまい……。

【4位】

『あひる』(2016年11月・書肆侃侃房)

ランキング: 本 - 31,011位

あひるを飼うことになった家族と学校帰りに集まってくる子供たち。一瞬幸せな日常の危うさが描かれた「あひる」。おばあちゃんと孫たち、近所の兄妹とのふれあいを通して、揺れ動く子供たちの心の在り様を、あたたかくそして鋭く描く「おばあちゃんの家」「森の兄妹」の3編を収録。

【5位】

『星の子』(2017年6月・朝日新聞出版)

ランキング: 本 - 5,027位

物語の語り部「わたし」は中学3年生、林ちひろ。ちひろは未熟児で生まれ、生後半年目には原因不明の湿疹に苦しむ。両親は医者が薦める薬やあらゆる民間療法を試したが、効果はない。困り果てた父親は、勤務先の同僚がくれた「金星のめぐみ」という水を持ち帰り、助言どおりちひろの体を洗う。すると、ちひろの夜泣きが減り、2カ月目には全快したのだった。



いかがでしたでしょうか?今村作品でどれか読んだものがありましたか?

もし興味があれば手にとってみてくださいね!

まとめに

今回は2019年上期に芥川賞に受賞した、今村夏子さんの経歴をまとめました。

授賞式の会場は、皇居や東京駅近くの「東京会館」です。

また、受賞したことでファンが増え、今村夏子さんの年収も10倍近くに上る可能性があります。

発表している5作品でランキングの結果、受賞した「むらさきのスカートの女」以外では2位に『こちらあみ子』がランクインしました!

今後の彼女の作品や活動が楽しみですね!

-イベント

Copyright© NewSPIN , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.